ごあいさつ

Since 1919 次の最先端が、私たちには見える

キューポラの街、川口から受け継がれた鋳造技術。
そして、世界水準の品質を実現する生産システム。
それは、最先端の鋳造設備電気炉導入と、継承された「職人技」と数値管理の「科学」が出会い
KASAKURAは鋳鉄製品一筋に、変わりゆく時代の先端を歩み続けています。
長年にわたり培われた豊富な経験を基軸に今、新プロジェクトが発進。
生産能力の拡大、生産効率の改善など次世代企業としての体制を整え
お客様のあらゆるニーズにお応えします。

品 質(Quality)

鋳鉄製品の品質を決める素材の成分管理。笠倉メテックの創業者は、当時炉前チル試験による間の溶解操業から熔湯の凝固過程に於ける冷却曲線の科学的解析を基とし、特に鋳物材質の基盤をなすT・C・Si値からCE値を迅速に計測、数値化し、推定強度を知る事による安定操業に情熱を燃やし、他社に先駆けてメーカーと共同開発し、成分測定機器を導入。鋳造業界に大きな転換をもたらしました。

国際競争力(Global competitiveness)

市場のグローバル化が進展するなか、スピードと対応力のある“ものづくり”が求められています。笠倉メテックは2003年9月、経済成長著しい中国・天津市に「天津笠倉鋳造有限公司」 を設立。東アジア地域における新規販路と製造体制を獲得し、国際競争力を強化しています。

人(Human)

複雑化する鋳鉄製品のニーズに、新しい技術開発や設備導入は不可欠です。その成功を支えるのは、やはり人間のノウハウ。ミクロン単位の狂いも見逃さない、豊富な経験をもつ職人たちが、当社の誇りです。熟練した職人技と最先端の技術を融合させ、より良い製品を追求しています。

▲ページのトップへ

        
Copyright© 2012 Kasakura Metec All Rights Reserved.